確定申告会場で記入する「平成□□年分収支内訳書(一般用)」を作って行ってみよ~!

シェアしてもらえると頑張れます(/・ω・)/

現役キャバ嬢が教える「平成□□年分収支内訳書(一般用)」の書き方!書いて行けば時短になるよ~!

おはにちばんは、ふみえ(@fumieblog)です(。・ω・)ノ゙

皆さんいかがお過ごしでしょうか??

先日、

キャバ嬢が確定申告する時に持って行くもの

実際に確定申告しに行った会場の様子や流れ

こんな記事を書きました(*´ω`*)

この2つだけ読めば確定申告はバッチリ!

ってくらい自信作なので、

ぜひ読んでみてください!(●´ω`●)

それに対して今回の記事は、

確定申告会場の長机で書かされる、

「経費を書く書類」を作ってみよ~!

っていう、ちょっと難易度が高めの内容です。。。

なので確定申告が2回目以降の人におすすめの、

確定申告の時短レシピ(?)です!

※この記事は無理に読まなくても確定申告できますよ~!(+・`ω・)b

広告

「平成□□年分収支内訳書(一般用)」を作って行ってみよう!

確定申告会場に行って、

パソコンで確定申告をするのは、

お手軽にできるのが最大のメリットです(^ω^)

税務署の人に聞きながら確定申告出来るし♪

・・・だけどみんな同じように思ってて、

200人待ちは当たり前になっちゃうんですよね。。

だから待ち時間が長すぎるんです!・゚・(つД`)・゚・

出来れば早く終わらせたいな~。

って思ってるのは私だけじゃないはずです。。

そんな時は簡単な方の書類の、

「平成□□年分収支内訳書(一般用)」

を自分で作って持って行くのも手です(*´ω`*)

会場のパソコンで確定申告する時にも手書きの書類が必要!

私たちキャバ嬢が確定申告で提出しないといけない書類は、

  • ボールペンの下敷きになってる横長のオレンジと黒の2色刷りの「平成□□年分収支内訳書(一般用)」
  • さらにその紙の下敷きになってる大きくてカラフルな紙の「平成□□年分の所得税及び復興特別所得税の申告書B」

この2種類だけです(+・`ω・)b

たった2つの書類をうまく書くことが出来れば、

わざわざ会場で確定申告する必要なんてありません!

・・・なんて簡単そうに言ってるけど、

カラフルな方の書類が結構ややこしいんですよね。。

だからなのかは分かんないけど、

会場で確定申告をする場合はカラフルな方の、

「平成□□年分の所得税及び復興特別所得税の申告書B」

はパソコンで作るようになっています(・ω・)ノ

しかも税務署の人が色々教えてくれて安心です!

一方、オレンジと黒の2色刷りの、

「平成□□年分収支内訳書(一般用)」

の方は簡単に作ることが出来ます(^ω^)

だからなのか会場に行っても、

こっちは手書きで作らないといけません。。

だけどこれも税務署の人が教えてくれます(+・`ω・)b

・・・って事はですよ!!(=゚ω゚)ノ

会場でも手書きで作らないといけない、

「平成□□年分収支内訳書(一般用)」

こっちの書類を事前に作って持って行けば、

会場ではパソコン入力だけで済むんです!!(+・`ω・)b

その分確定申告の時間が短縮できるので、

ぜひ挑戦してみてください!(●´ω`●)

ちなみに確定申告の用紙は、

税務署や市役所で貰うことができます(。・ω・)ノ゙

今回の記事で必要なのは、

「平成□□年分収支内訳書(一般用)」

の方なのでお間違え無く(・ω・)ノ

書き間違えることがあるかもしれないので、

3枚くらい貰っちゃいましょ~!

※パソコンがあれば、

平成□□年分収支内訳書(一般用)

印刷したのを使う事もできます(+・`ω・)b

平成□□年分収支内訳書(一般用)の書き方!

この用紙に書かないといけないものは、

  • 売上(お店からもらった給料1年分)
  • 経費(お店のために使った1年分のお金)

だけです(/・ω・)/

確定申告の経験がある方は、

簡単に書くことができるかもですね(*´ω`*)

準備するもの

この書類を作る時に必要な物も、

  • 平成○○年報酬、賞金、契約金及び賞金の支払調書
  • 1年分の経費をまとめた何か

これだけです(^ω^)

1年分の売上と経費」だけを書けばいいので、

必要な物も少ないですね(*´ω`*)

ちょっと詳しく見てみましょう!

平成○○年報酬、賞金、契約金及び賞金の支払調書

これの名前はお店によって違うかもだけど、

年明けにお店から貰える、

※全てフィクションです。

こんな紙を準備しましょう!(・ω・)ノ

この紙の内容を書かないといけないので、

絶対にお店の人に貰っておいてくださいね(。・ω・)ノ゙

1年分の経費をまとめた何か

そして、

1年分の経費が分かるものも必要です。。

1年分の経費をまとめることは出来ましたか??

どうやって分ければいいのか分かんないよ~(ヽ”ω`)

って方は、

こちらを読んでみてください(^ω^)

きっとお役に立てるはずです!

記事中にも書いてるんだけど、

  • 旅費交通費
  • 通信費
  • 広告宣伝費
  • 接待交際費
  • 修繕費
  • 消耗品費
  • 衣装代
  • 化粧代
  • 美容院代
  • 美容代
  • 雑費

経費はこの11個に分けて書けばOKです(・ω・)ノ

ちなみに経費の詳細は、

提出する必要がありません!

まとめるときには1個ずつ計算しないといけないけど、

1年分の最終的な金額が分かればいいので、

パソコンで作っててもいいし、

ノートにまとめててもいいし、

自分が分かればOKです(。・ω・)ノ゙

今回は例として、

経費が1年間でこれだけかかったとして、

手書きのメモを準備しました(^ω^)

これを記入していこうと思います(・ω・)ノ

しつこいようだけど、

経費の詳細は提出しません!

それじゃあ始めますよ~!(/・ω・)/

※画像はクリックで大きくなります!

まずは名前から

まずは用紙の上側から見ていきましょー!

ここはこんな感じで、

青い文字で書いてある部分だけ記入します(・ω・)ノ

他のところは何も記入する必要はありません!

「平成29年」っていうのは、

確定申告をする前年です(・ω・)ノ

平成30年3月に確定申告をする場合は、

平成29年分になります(^ω^)

経費を書くところ

お次は経費を書くところです(・ω・)ノ

ここも青い文字のところだけ記入しましょう!

それ以外の場所には何も記入しませんよ~!

衣装代とか化粧代っていうのは、

自分で作った経費の項目なので、

ここは手書きで書き足しちゃいましょう(+・`ω・)b

そしてこの紙をよ~く見てみると、

「売上(収入)金額│①」

「家事消費│②」

「旅費交通費│㋥」

みたいに、各項目に数字やカタカナが書いてあります!

さらに、記入するところを見てみると、

こんな風に計算方法が書いてあるので、

これに従って書けばいいので簡単です!(+・`ω・)b

完成サンプル

これらの内容を実際に記入すると、

こんな感じになりました(*´ω`*)

金額は人それぞれ違うけど、

記入するところを間違えなければOKです(●´ω`●)

ってこれじゃ1年分の所得が399,877円しかないじゃん!(=゚ω゚)ノ

ちなみにこの用紙の裏には、

こんな欄があるんだけど、

ここは何も書かなくて大丈夫です(+・`ω・)b

まとめ

1年分の経費をちゃんとまとめておけば、

意外と簡単でしたよね!(^ω^)

確定申告をすれば源泉課税が戻ってくるので、

頑張って経費をまとめて、

確定申告してみましょ~!(/・ω・)/

私のオススメ!▶経費をまとめるのに便利な無料ソフトを見つけたよ~!

★★こちらの記事も人気です★★

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました(^ω^)

0
広告

シェアしてもらえると頑張れます(/・ω・)/

ふみえと仲良くしてくれる人大募集!(´ω`)

関連記事と広告(●´ω`●)