キャンメイクのパウダーチークスならトレンドカラーが手に入る!#PW42(シアーピーチ) で立体的なツヤ肌に!

キャンメイクのパウダーチークスなら流行りのチークが手に入る!#PW42(シアーピーチ) で立体的なツヤ肌に! チーク
この記事は約6分で読めます。

おはにちばんは、ふみえです(。・ω・)ノ゙

皆さんいかがお過ごしでしょうか??

  • ツヤ感のあるチークが欲しい
  • 立体的な顔立ちに見せたい
  • トレンドに合ったメイクがしたい

そんな方には、キャンメイクパウダーチークスがオススメです(●´ω`●)

今流行りのツヤ感メイクで、ハッピーオーラの溢れるつやハリほっぺに!!

<今回レポするコスメ>● キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ)

 

広告

【レポ】キャンメイク / パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) を使ってみた!

ここがオススメ!!

  • ほんのり色づくシアーピンク!
  • ツヤやかなパールタイプ!
  • サッとひと塗りで明るい表情に!

以前パウダーチークスのPW41(アンティークローズ)を買った時に、一緒に購入しました!!

見た目はどちらかというと、チークというよりハイライターっぽいイメージです。

可愛くなりすぎないかな~と、ちょっと心配なところもありますけど(;´・ω・)

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) と#PW41(アンティークローズ) パッケージを並べてみた

右側が一緒に買った、PW41(アンティークローズ)です(^ω^)

キャンメイクのパウダーチークスは、どのお色も欲しくなっちゃうくらい可愛いですよね!!

落ち着いた色味も、明るい色味もあるので、毎日のメイクが楽しみになりますよ~(つω`*)

 

まずは見た目から

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) フィルム付きパッケージ正面

こちらはツヤのあるパールタイプになります。

 

フィルムを取ってみると、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) 本体正面

思っていたより明るい色味です(/・ω・)/

 

裏面はというと、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) 本体裏面

使用方法は特に書かれていません(;´・ω・)

 

フタを開けてみると、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) 本体を開けてみた

かなり明るいコットンピンクです(・ω・)ノ

持ち運びにも便利な、チークブラシ付きです。

 

チークを近くで見てみると、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) チーク面アップ

花の模様が素敵ですね(^ω^)

布の生地のように、表面が加工されています。

 

ブラシはというと、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) 付属のブラシ

小さめのチークブラシです(^ω^)

このチークカラーには、丁度よさそうです。

 

手に持ってみると、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) 本体を手に持ってみた

小さくてコンパクトなので、持ち運びにも便利そうです(・ω・)ノ

メイクのお直しの際にもいいかも!!

 

キャンメイク パウダーチークスの特徴

パールタイプ!

パッと明るく、華やかな仕上がりが特徴です。

自然なハリとツヤを演出してくれます。

明るい印象にしたい時にオススメです(^ω^)

 

保湿成分配合!

  • ハチミツ
  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • ブドウ種子油
  • エクトイン
  • スクワラン
  • ローヤルゼリーエキス
  • リンゴ果実エキス

などの保湿成分を配合しています(・ω・)ノ

しっとりするのに、サラサラな仕上がりで、美しい仕上がりをキープします。

 

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ)の感触を確かめてみた!

手の甲に塗ってみます(つω`*)

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) を手の甲に塗ってみた

ハッキリと薄ピンク色が発色します(=゚ω゚)ノ

ツヤ感のある微細なチークで、少量でも立体的に見せてくれます!!

こんなにガッツリ塗ったら、かなり浮いてしまいますね。。。

 

#PW41(アンティークローズ)と比べてみた!

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) と#PW41(アンティークローズ) フタを開けて並べてみた

一緒に買ったPW41(アンティークローズ)と塗り比べてみます(・ω・)ノ

 

それぞれを手の甲に塗ってみると、

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ) と#PW41(アンティークローズ) を手の甲に塗ってみた

発色の違いが一目瞭然です!!

色が違うのはもちろん、質感も全然違います。

PW41(アンティークローズ)はマットな質感に対し、今回のPW42(シアーピーチ)はかなりツヤ感があります。

不自然なラメ感が無いので、きめ細かく使いやすいカラーです(*´ω`*)

 

キャンメイク パウダーチークスの使い方

  1. ブラシに適量を取ります。
  2. 頬の高い所にのせます。

お手持ちのチークブラシを使うと、より完成度がアップしますよ(/・ω・)/

 

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ)を使ってみた感想

ふみえの個人的オススメ度(´っ・ω・)っ
8

乾燥知らずなサラサラ肌に!

不思議と乾燥はしないのに、サラサラな質感になります(つω`*)

頬って乾燥しやすい部分だし、普通は「サラサラ=乾燥する」イメージしかありませんよね?

だけどこちらのパウダーチークスなら、触り心地のいいほっぺになれちゃいます!!

粉の質も上品で、チープ感が出ないのがこのチークのいいところです(=゚ω゚)ノ

 

イエベは工夫が必要

私のようなイエベ肌は、直接塗ると白っぽくなってしまい不自然な仕上がりに。。。

やはり何かカラーコントロールするフェイスカラーがあると便利です(●´ω`●)

そこで思い出したのが、パウダーチークスのPW40(ミモザイエロー)の存在!!

このイエローを塗った後に使うと、もう少し発色がまろやかになります(=゚ω゚)ノ

イエローはごく薄く塗るだけで十分です!

 

いつものチークにプラスして

ちょっとこれ単体では使おうと思いません。。

チークとしては色味も薄いし、手持ちのチークにプラスして使うものかな??

いつものチークよりも、さらに塗る範囲を狭くして、頬骨の高いところだけに使います。

立体感のあるツヤ肌に仕上げてくれますよ♪

 

今回のまとめ

いかがでしたか??

自然なツヤ肌に見せてくれる、パウダーチークスのPW42(シアーピーチ)!!

キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ)

手持ちのチークと一緒に使って、メイクの完成度を上げちゃいましょう!!(=゚ω゚)ノ

ツヤが足されることで、お手軽にハッピーオーラが手に入りますよ♪(/・ω・)/

今回ご紹介した、キャンメイク パウダーチークス #PW42(シアーピーチ)は、

  • イキイキとした表情に見せたい
  • トレンドのメイクがしたい
  • プチプラで楽しみたい

そんな方にオススメです(=゚ω゚)ノ

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました(^ω^)

0
この記事を書いた人

山口県に住んでるぽっちゃりキャバ嬢。左利き。好きな食べ物はいなり寿司。 好きな音楽は洋楽EDM。自称コスメヲタ。いつか下着のお店を作りたいと思いブログを始めたものの、最近はコスメレポばかり(つω`*)

ふみえをフォローする
チーク
広告
この記事をシェア(/・ω・)/
ふみえをフォローする
関連記事と広告(●´ω`●)
関連記事と広告(●´ω`●)

ブログランキングに参加してます(●´ω`●)

PVアクセスランキング にほんブログ村

未経験でもお店を持ちたいっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました